バチカン市国

バチカンは世界で一番小さな国として有名ですが、領土が小さいから有名なわけではなく、その独特な国を維持するための戦略が有名なのです。
バチカンと言えばバチカン宮殿です。
ローマ法王が住みカトリックの最重要地とされるこの地では人口は1000人程度しかいませんが、バチカン市国で働く人は3000人います。
彼ら職員はイタリアとバチカンの二重国籍を持つ事になります。
小さな国なので軍隊は存在しません、しかしローマ法王を守るための護衛が100人いると言われています。